活動報告

2016.07.31 沖縄からはっきり見える基地・軍隊と人権 高里鈴代さん講演会を開催しました

 「戦争をさせない1000人委員会あいち」は7月31日、名古屋市教育館にて「沖縄からはっきり見える基地・軍隊と人権」をテーマに、女性に寄り添いながら、沖縄で基地と人権の問題に長年取り組んできた高里鈴代さん(「強姦救援センター・沖縄」代表、「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」共同代表、「島ぐるみ会議」共同代表)の講演会を開催し、市民や労組関係者ら約240人が参加しました。
 講演の冒頭、高里さんは、参院選で示された沖縄の民意を無視する形で、国が強行している沖縄県東村高江のヘリパッド建設や辺野古新基地建設をめぐって、現地で何が起きているかを説明しました。
 続いて、戦後の米軍統治時代から復帰後、今日に至るまでの長きにわたって沖縄の女性や子どもが駐留米軍関係者による性暴力などに遭い、苦しめられてきた歴史を語り、その背景には駐留米軍の差別意識があることを指摘しました。
 沖縄ではこの間、米軍基地の現状や辺野古新基地建設の強行は人権侵害にあたると訴える活動を国連や米国などで展開。昨年9月には、米国のバークレー市議会が「沖縄の人々を支援する決議」を採択したことなども紹介されました。
 集会の最後には、安倍政権の沖縄での暴力と高江のヘリパッド建設を許さず、日米地位協定の抜本的改定と辺野古新基地建設の阻止、普天間基地の閉鎖・撤去を求めて行動する集会アピールを採択しました。
 集会後は栄から矢場町にかけてデモ行進し、沿道の人々に沖縄・基地問題への関心を持ち、いのちと人権を守るために沖縄の人々と連帯しようと呼びかけました。

16073101

16073102

16073103

16073104

2016.05.01 辺野古の新基地建設を許さない!つながろう愛知から集会・ライブ・デモが開催されました

 普天間飛行場の辺野古移設に反対する「辺野古の新基地建設を許さない!つながろう愛知から集会・ライブ・デモ」が5月1日、名古屋市中区の久屋大通公園で開催されました。
 今回の集会は、名古屋を拠点に活動している団体でつくる「辺野古新基地建設を許さない!つながろう愛知から集会」実行委員会が主催したもので、約600人が参加しました。

600人で辺野古ラインダンス

 集会では、ぽこあぽこ、人業(ひとわざ)劇団ひらき座、板谷信彦さん、松本京子さん、川口真由美さんによるライブが行われ、歌と劇、踊りを通じて反戦平和の思いを共有しました。
 ライブ後、沖縄平和運動センターの山城博治議長が、辺野古の現状と抗議行動について身振り手振りで、時に歌を交えながら報告。山城さんは「政府の圧力に負けてしまえば未来はない。沖縄の民主主義が日本の民主主義につながる。辺野古の海を守るため、ぜひ沖縄とともにたたかってもらいたい」と力強く話し、辺野古新基地建設阻止に向けた取り組みへの協力を呼びかけました。
 最後に参加者600人による辺野古ラインダンスが実現し、光の広場がまるで辺野古テント前のように感じられる素晴らしい、感動的な集会となりました。

 集会後は、「辺野古新基地NO!」「止めよう!辺野古埋め立て」などと書かれた横断幕やプラカードを手にした参加者が、栄の中心部をデモ行進しました。

160501_shukai_01

160501_shukai_02

160501_shukai_03

160501_demo_01

2016.02.21 止めよう!辺野古埋め立て全国同時アクション東海ブロック集会に700人集結

 2月21日(日)午後、名古屋市中区の若宮大通公園で開催された「止めよう!辺野古埋め立て全国同時アクション2.21東海ブロック集会」は、静岡、岐阜、三重、そして愛知から700人余りの市民や労働者が結集し、成功裏に終えることができました。
 集会は、「戦争をさせない1000人委員会あいち」世話人の山本みはぎさんの主催者あいさつに始まり、立憲フォーラムからは、斎藤よしたか参議院議員の連帯と激励のあいさつを受けました。
 沖縄から駆けつけていただいた「沖縄平和運動センター」副議長の山本隆司さんは「非合法で奪われた県民の土地をなぜいまだに返してもらえないのか。沖縄県民は決して政府に屈しない」と力強い現地報告を行いました。
 「静岡・沖縄を語る会」共同代表の山崎ひろみさんによる集会アピール(下記参照)を採択後、最後に「フォーラム平和・三重」議長の中村武さんによる「本集会の意義は本土が沖縄を支援するというものではない。辺野古の闘いは、私たち自身の日本の民衆主義と地方自治を守り抜く闘いであることを再認識することにある」との閉会あいさつで集会を終了しました。集会の始まりと終わりには名古屋在住の板谷さんらによる歌や演奏で楽しく盛り上がりました。
 集会後、名古屋の中心街である矢場町から栄にわたる約2キロのデモ行進を行い、沿道の人々に「沖縄と連帯して辺野古新基地建設に反対し、基地のない沖縄を実現しよう」とアピールしました。
(沖縄では国会包囲網の集会や本集会を含む全国の同時アクションが地元各紙の1面トップで紹介されました。)

 集会アピール文 ※クリックするとPDFファイルが表示されます。

16022101

16022102

16022103

16022104

2015.12.05 止めよう!辺野古新基地、連帯しよう!愛知から 集会を開催しました

 「戦争をさせない1000人委員会あいち」は12月5日、名古屋市教育館にて「止めよう!辺野古新基地建設~連帯しよう愛知から~」をテーマに、沖縄県議会議員で「島ぐるみ会議」事務局長の玉城義和さんの講演会を開催し、市民や労組関係者ら120人が参加しました。
 今回の講演は、米軍普天間基地の名護市辺野古移設反対を訴える全国各地の集会や「島ぐるみキャラバン行動」に連帯しようと企画されたものです。
 講演の中で、玉城さんは「国土の0.6%の面積しかない沖縄に、米軍施設の74%が集中しているのは異常事態」と指摘。その上で、「歴史的にも現在も、沖縄県民は自由、平等、人権、自己決定権がないがしろにされてきた。このことを魂の飢餓感と表現する」という12月2日の辺野古代執行訴訟における翁長雄志沖縄県知事の意見陳述に触れながら、「移設反対の民意を無視して、司法に問うことは法治国家としてあるまじき行為。オール沖縄として、政府の弾圧には決して屈しない」と強く訴えました。

151205_shukai_01

151205_shukai_02

戦争をさせない1000人委員会あいちの当面の取り組みについて

 11月18日に開催した「9.19を忘れない 『1000人委員会あいち』の今後の運動展開に向けての集会」において確認された当面の取り組みについて、下記のとおりお知らせします。

(1)基本的な考え方

1. 全国の「1000人委員会」や市民と連帯した取り組みを追求する。
2. 「1000人委員会」が提起する取り組みを愛知で進める。
3. 来年の参議院選挙で勝利し安倍自公政権を退陣に追い込む。

(2)具体的な取り組みについて

1. メルサ前第1土曜日街宣行動を継続する。
 1) 2015年12月5日 12:00~13:00
 2) 2016年1月9日 11:00~12:00
 3) 2016年2月・3月 第1土曜日 11:00~
2. 9.19を忘れない(毎月19日行動)
 1)  2016年11月19日(木)18:00~
 2)  2016年12月19日(土)12:00~
3. 共同行動実行委員会
 2015年11月19日(木) 17:00~ 栄・ひかり広場 集会・デモ

(3)戦争法の廃止を求める統一署名(2000万人署名)に取り組み

1. 「1000人委員会あいち」も取り組みます
2. 集約日 第1次:2016年4月25日・第2次:2016年6月27日
 ※詳しくは、署名のページをご参照ください。

(4)12.5「止めよう!辺野古新基地、連帯しよう!愛知から」集会

日時 : 2015年12月5日(土)14:00~16:30
講師 : 玉城義和さん(沖縄『建白書』を実現し未来を拓く島ぐるみ会議事務局長)
場所 : 名古屋市教育館・講堂(地下鉄:「栄」下車 2番・3番・10B番出口すぐ)
 ※詳しくは、同集会の開催案内のページをご参照ください。

2015.09.18 戦争法案廃案!安倍内閣退陣! 総がかり行動のデモに2500人が参加しました

 「安倍内閣の暴走を止めよう連続行動実行委員会」は9月18日、名古屋市栄で「戦争法案廃案!安倍内閣退陣! 総がかり連続行動」の一環として、街頭行動とデモ行進を行いました。
前日に参院特別委で戦争法案の強行採決がなされ、今日も緊迫した国会情勢の最中とあって、平日にもかかわらず約2500人の市民が集まりました。

 午後6時から栄噴水前で街頭行動が行われ、戦争法案への反対や参議院での強行採決などに抗議する熱のこもったスピーチが続きました。
午後6時半頃からデモの出発地である栄広場へと移動しましたが、デモの出発時間が近づくにつれて参加者はみるみる増えていきました。

15091801

 午後7時に栄広場を出発した参加者はプラカードを掲げてシュプレヒコールを上げながら、沿道の通行者やドライバー、バスの乗客らにアピール。
足を止めてデモを見つめる人や手を振って応えてくれる通行人の姿も多くみられました。

 デモは栄広場を出発して大津通、矢場町、久屋大通を通ってラシック前まで行進。
 若い人や仕事帰りの人も多く参加し、戦争法案とその強行採決、安倍政権の横暴に対して力強く抗議しました。

※以下のサイトに、今後の愛知、岐阜、三重の各地での行動の紹介が載っています。ご参考に。

「安倍内閣の暴走を止めよう!共同行動ブログ」
http://stopabenk.exblog.jp/

15091802

15091803

15091804

2015.09.14~ 戦争法案廃案!安倍内閣退陣! 総がかり連続行動を行っています

 「安倍内閣の暴走を止めよう連続行動実行委員会」は9月14日(月)から「戦争法案廃案!安倍内閣退陣! 総がかり連続行動」に取り組んでいます。
 「戦争をさせない1000人委員会あいち」は9月15日(火)と16日(水)に名古屋市栄・スカイル前で街頭行動を行い、連日100人を超える市民が戦争法案に対する抗議の声を上げました。

 実行委員会による連続行動は今日と明日も行われます。
 18日(金)は午後6時から栄噴水前で街宣行動を行い、午後7時に栄広場(三越北側)を出発するデモが予定されています。
 ぜひ、ご参加ください。

(9/18追記)
※以下のサイトに、今後の愛知、岐阜、三重の各地での行動の紹介が載っています。ご参考に。

「安倍内閣の暴走を止めよう!共同行動ブログ」
http://stopabenk.exblog.jp/

15091601

15091602

2015.09.05 集団的自衛権行使のための違憲立法に反対する愛知大集会&パレードが開催されました

 愛知県弁護士会が主催する「集団的自衛権行使のための違憲立法に反対する愛知大集会&パレード」が9月5日、名古屋市中区の白川公園で開かれ、市民ら約6000人(主催者発表)が参加しました。

15090501

 集会では、実行委員長の村橋泰志弁護士が「安倍政権が強引に押し進めるこの法案は、米軍の戦争に協力する法案で、違憲なのは明らか」と指摘。その上で「各地で反対の声を大きくして、戦争法案を廃案に追い込もう」と訴えました。

15090503

 集会後、参加者は「安保法案に異議あり」「安倍政権は退陣」などとシュプレヒコールを上げながら、栄周辺をデモ行進しました。

15090502

15090504

15090505

2015.07.18 安倍政権に抗議する全国一斉行動を実施しました

 7月18日午後、名古屋市栄の久屋大通公園もちの木広場で安倍政権に抗議する抗議行動を行いました。今回は全国一斉行動の一環として行われたもので、名古屋での抗議行動は立憲フォーラム、戦争をさせない1000人委員会あいち、東海民衆センター、不戦ネットワークが呼びかけ、予想を大きく上回る約500人が参加しました。
 午後0時45分から行われた集会では、慶應義塾大学の小林節名誉教授と立憲フォーラム代表の近藤昭一衆議院議員があいさつ(要旨は下記参照)。午後1時に合わせて「アベ政治を許さない」と書かれたポスターを参加者が一斉に高く掲げ、安倍政権に対する抗議の意思を示しました。

15071801

 集会後は、約1時間にわたって栄と矢場町をデモ行進しました。参加者は横断幕やプラカード、ポスターなどを掲げ、「戦争法案、絶対反対!」「みんなの力で暴走止めよう!」などとシュプレヒコールをあげながら行進。こちらに向かって手を振ってくれたり、拍手をしてくれたりする通行人の方もいて、確かな手応えを感じました。

15071802
15071803
15071804
15071805

●小林節氏あいさつ(要旨)
衆議院の議論で気付いたと思うが、安倍さんたちは「バカの壁」で何も答えられない。つまり、彼らは我々のまっとうな質問に答えられない、答える内容がないということだ。参議院の議論を通じて、いままで知らなかった人にも「これは大変な悪事だ」と気付いてほしい。憲法9条の下、戦争しようにもできなかった国が今度はいつでも戦争に行けるようになろうとしている。自公連立政権はたった3割の得票で7割の議席を取ったが、今度は野党が力を結集して4割の得票で8割の議席をとり返せば、堂々と安保関連法を廃止できる。だから絶対にめげずに、野党が力を合わせて次の総選挙で政権を倒すしかない。

●近藤昭一氏あいさつ(要旨)
今回の強行採決はとんでもないことだ。衆議院特別委員会での野党の質問に対して、安倍首相は「国民のみなさんの理解は進んでいない」と認めた。委員会の中でのイラク戦争を総括するための資料要求に中谷防衛相も資料を出すと答えたが、実際に資料が出てきたのは強行採決のあとだった。安倍首相は「日本国憲法は押し付けだから変えなくてはいけない」と言っているが、その背景には権力者を縛る憲法には縛られたくないという思いがある。9条や96条を変えることが難しいのであれば、解釈で変えてしまおうとしているが、これは国民がつくった憲法をなくしてしまおうということであり、国民を愚弄している。衆議院の審議で多くの問題が明らかになったが、安倍首相の答弁を紙にまとめるとA4ペーパー1枚にもならないと思うほど中身が希薄だ。しかし、この法案は人の命がかかっている。何としてもこの法案を廃案にし、私たちが主役の憲法を守るためにがんばっていこう。

2015.07.01 安倍内閣の暴走を止めよう!7.1集会が開催されました

 安倍内閣による集団的自衛権行使容認の閣議決定から1年を迎えた7月1日、名古屋栄の久屋大通公園で安保関連法案に反対する「安倍内閣の暴走を止めよう!7.1集会」(主催・安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会)が開かれ、弁護士や市民、労組関係者ら約1000人が参加しました。
 集会では、呼びかけ人の一人である「戦争をさせない1000人委員会あいち」事務局長で憲法学者の飯島滋明名古屋学院大准教授が「安保関連法案は多くの憲法学者が危機感をもつ危険な法律。みんなで廃案に追い込もう」などと訴えました。
 集会後は、「安倍にNO!」「戦争反対!」などと市民に訴えながら、栄中心部をデモ行進しました。

150701_shukai_01

150701_shukai_02