月別: 2017年10月

2017.11.02 イタリアの地位協定から考える日本の地位協定 講演会を開催します

2017年11月2日、国際民主法律家協会のミコル・サビア弁護士をお招きし、講演会「イタリアの地位協定から考える日本の地位協定~世界の米軍基地と平和への権利~」を開催します(主催:名古屋学院大学平和学研究会、共催:日本国際法律家協会東海支部/戦争をさせない1000人委員会あいち/不戦へのネットワーク)。

講演会「イタリアの地位協定から考える日本の地位協定」

1 日 時  2017年11月2日(木)18:30~20:30
2 場 所  イーブルなごや・視聴覚室(名古屋市中区大井町7-25、地下鉄名城線「東別院」駅下車、1番出口から徒歩5分)
3 講 師  ミコル・サビアさん(弁護士、国際民主法律家協会ジュネーブ代表)
       飯島滋明さん(名古屋学院大学教授)
4 内 容  イタリアの地位協定とアメリカ軍の現状 ミコル・サビアさん
       日本の地位協定とアメリカ軍の現状 飯島滋明さん
5 参加費  800円
6 内 容
 「日米安保条約」に基づいて日本に駐留するアメリカ軍やその関係者の法的な地位に関しては「日米地位協定」で決められています。「日米地位協定」に関しては、在日米軍人による犯罪や、オスプレイの飛行など、日本にとって極めて不利な運用や解決がなされることが少なくありません。こうした地位協定について、外国ではどのように定められており、運用されているのでしょうか? 今回はイタリアの弁護士であるミコル氏から、イタリアの地位協定の規定や運用の現状について話をうかがいます。ミコル氏は国際民主法律家協会(IADL)のジュネーブ代表であり、『中日新聞』2017年7月22日付で詳細に紹介された、日本の「共謀罪」を批判するIADL声明を国連人権理事会で 読み上げるなど、国際的に活躍する弁護士です。地位協定に関する外国の状況を直接、知る機会は極めて少ないものと思われます。貴重な機会ですので、皆様のご参加をお待ちしています。。

171001_shukai_chirashi

講演会チラシ

※画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。

7 問い合わせ
不戦へのネットワーク
名古屋市那古野1-44-17 嶋田ビル203
TEL / 052-881-3573
http://www.jca.apc.org/~husen