2016.02.21 止めよう!辺野古埋め立て全国同時アクション東海ブロック集会を開催します

 辺野古新基地建設の問題は、国が沖縄県を提訴した代執行訴訟と、沖縄県が国に対して提起した抗告訴訟の二つが並立して闘われる裁判闘争の局面となっています。一方、「オール沖縄会議」が新たに結成され、新基地建設に反対する枠組みの統一化が図られるなど、闘いの陣形が強化されつつあります。
 こうした沖縄の闘いに応えていこうと、2016年2月21日(日)に、首都圏においては国会包囲行動がとりくまれます。同日、この行動に連動して東海4県の戦争をさせない1000人委員会で構成する「戦争をさせない1000人委員会東海ブロック」は、「止めよう!辺野古埋め立て全国同時アクション東海ブロック集会」を開催します。

1 日 時  2016年2月21日(日)14:00~
2 場 所  若宮大通公園・若宮広場(名古屋市中区大須4丁目4、地下鉄名城線「矢場町」駅下車、4番出口から徒歩5分)
3 内 容  辺野古新基地建設に反対する集会(沖縄からの現地報告等)・デモ(予定コース
4 主 催  戦争をさせない1000人委員会・東海ブロック

160221_chirashi

集会チラシ

※画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。

5 問い合わせ
「戦争をさせない1000人委員会あいち」事務局
名古屋市熱田区金山町1-14-18ワークライフプラザれあろ5F
あいち平和フォーラム気付
TEL / 052-678-3111(担当:浅井)

2015.12.05 止めよう!辺野古新基地、連帯しよう!愛知から 集会を開催しました

 「戦争をさせない1000人委員会あいち」は12月5日、名古屋市教育館にて「止めよう!辺野古新基地建設~連帯しよう愛知から~」をテーマに、沖縄県議会議員で「島ぐるみ会議」事務局長の玉城義和さんの講演会を開催し、市民や労組関係者ら120人が参加しました。
 今回の講演は、米軍普天間基地の名護市辺野古移設反対を訴える全国各地の集会や「島ぐるみキャラバン行動」に連帯しようと企画されたものです。
 講演の中で、玉城さんは「国土の0.6%の面積しかない沖縄に、米軍施設の74%が集中しているのは異常事態」と指摘。その上で、「歴史的にも現在も、沖縄県民は自由、平等、人権、自己決定権がないがしろにされてきた。このことを魂の飢餓感と表現する」という12月2日の辺野古代執行訴訟における翁長雄志沖縄県知事の意見陳述に触れながら、「移設反対の民意を無視して、司法に問うことは法治国家としてあるまじき行為。オール沖縄として、政府の弾圧には決して屈しない」と強く訴えました。

151205_shukai_01

151205_shukai_02

戦争をさせない1000人委員会あいちの当面の取り組みについて

 11月18日に開催した「9.19を忘れない 『1000人委員会あいち』の今後の運動展開に向けての集会」において確認された当面の取り組みについて、下記のとおりお知らせします。

(1)基本的な考え方

1. 全国の「1000人委員会」や市民と連帯した取り組みを追求する。
2. 「1000人委員会」が提起する取り組みを愛知で進める。
3. 来年の参議院選挙で勝利し安倍自公政権を退陣に追い込む。

(2)具体的な取り組みについて

1. メルサ前第1土曜日街宣行動を継続する。
 1) 2015年12月5日 12:00~13:00
 2) 2016年1月9日 11:00~12:00
 3) 2016年2月・3月 第1土曜日 11:00~
2. 9.19を忘れない(毎月19日行動)
 1)  2016年11月19日(木)18:00~
 2)  2016年12月19日(土)12:00~
3. 共同行動実行委員会
 2015年11月19日(木) 17:00~ 栄・ひかり広場 集会・デモ

(3)戦争法の廃止を求める統一署名(2000万人署名)に取り組み

1. 「1000人委員会あいち」も取り組みます
2. 集約日 第1次:2016年4月25日・第2次:2016年6月27日
 ※詳しくは、署名のページをご参照ください。

(4)12.5「止めよう!辺野古新基地、連帯しよう!愛知から」集会

日時 : 2015年12月5日(土)14:00~16:30
講師 : 玉城義和さん(沖縄『建白書』を実現し未来を拓く島ぐるみ会議事務局長)
場所 : 名古屋市教育館・講堂(地下鉄:「栄」下車 2番・3番・10B番出口すぐ)
 ※詳しくは、同集会の開催案内のページをご参照ください。

2015.12.05 止めよう!辺野古新基地、連帯しよう!愛知から 集会を開催します

 「戦争をさせない1000人委員会あいち」と「オール沖縄と連帯する会」は12月5日、「止めよう!辺野古新基地、連帯しよう!愛知から」集会を開催します。

 島ぐるみ会議(正式名称「沖縄『建白書』を実現し未来を拓く島ぐるみ会議」)は、2014年7月、前年1月に自民党を含む沖縄県議会全会派の代表、県内全41市町村の首長、市議会議長が署名をした「オスプレイ配備撤回、普天間基地閉鎖、辺野古移設断念」を求める安倍晋三首相宛ての建白書の方向を「オール沖縄」の力を結集して実現することを目的とし、結成されました。
 オール沖縄で日本政府、アメリカ政府による辺野古の新基地建設強行の対決する沖縄の運動に連帯しましょう!辺野古の新基地建設反対の声を愛知の地からもあげていきましょう!参加を!

1 日 時  2015年12月5日(土)14:00~16:30
2 場 所  名古屋市教育館・講堂(名古屋市中区錦3-16-6、地下鉄「栄」駅下車、2番・3番・10B番出口すぐ)
3 講 演  玉城義和さん・島ぐるみ会議事務局長
4 資料代  500円

151205_chirashi

集会チラシ

※画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。

5 問い合わせ
「戦争をさせない1000人委員会あいち」事務局
名古屋市熱田区金山町1-14-18ワークライフプラザれあろ5F
あいち平和フォーラム気付
TEL / 052-678-3111(担当:浅井)

戦争法を認めない今後の取り組みについてお知らせします

 「戦争をさせない1000人委員会あいち」の今後の取り組みについて、下記のとおりお知らせします。

1 毎月第一土曜日街頭宣伝行動を展開します

 毎月第一土曜日に栄メルサ前(栄交差点)にて街頭宣伝行動に取り組みます。
(1)2015年11月14日(土)11:00~12:00
(2)2015年12月5日(土)12:00~13:00

2 9.19を忘れない毎月19日行動を展開します

 全国各地で9.19を忘れない運動が求められており、「1000人委員会あいち」も毎月19日に街頭宣伝行動に取り組むこととしました。
(1)2015年11月19日(木)18:00~
(2)2015年12月19日(土)13:00~

3 9.19を忘れない・「1000人委員会あいち」の今後の運動展開に向けての集会

 9.19を忘れない・「1000人委員会あいち」の今後の運動展開に向けての集会を以下のとおり開催します。
(1)日 時 : 2015年11月18日(水)18:30~20:30
(2)場 所 : ワークライフプラザれあろ6F・大会議室
(3)内 容 :
 ・集  会 「あらためて考える戦争法で変貌する自衛隊と日本の安全保障」
 ・基調提起 「9.19を忘れない・『1000人委員会あいち』の今後の運動展開に向けて」
   飯島滋明・戦争をさせない1000人委員会あいち事務局長(名古屋学院大学准教授)
 ・意見交換
 ※詳しくは、同集会の開催案内のページをご参照ください。

2015.11.18 9.19を忘れない・「1000人委員会あいち」の今後の運動展開に向けての集会を開催します

 「戦争をさせない1000人委員会あいち」は11月18日、9.19を忘れない・「1000人委員会あいち」の今後の運動展開に向けての集会を開催します。

1 日  時   2015年11月18日(水)18:30~20:30
2 場  所   ワークライフプラザれあろ6F・大会議室(名古屋市熱田区金山町1-14-18、金山駅(南口)から約300m)
3 内  容
【18:30~20:00】
 (1)講  演
   演 題 : 「あらためて考える戦争法で変貌する自衛隊と日本の安全保障」
   講 師 : 飯島滋明・戦争をさせない1000人委員会あいち事務局長(名古屋学院大学准教授)
 (2)基調提起
   基調提起 : 「9.19を忘れない・「1000人委員会あいち」の今後の運動展開に向けて」
   提起者 : 飯島滋明・戦争をさせない1000人委員会あいち事務局長(名古屋学院大学准教授)
【20:00~20:30】
 (3)意見交換
   集会参加者との意見交換を行います。

4 問い合わせ
「戦争をさせない1000人委員会あいち」事務局
名古屋市熱田区金山町1-14-18ワークライフプラザれあろ5F
あいち平和フォーラム気付
TEL / 052-678-3111(担当:浅井)

2015.09.19 戦争法成立に断固抗議する声明

戦争法成立に断固抗議する声明

 2015年9月19日、参議院本会議で、日本が攻撃されてもいないのに海外での武力行使を可能にする「戦争法案」が自民党、公明党などの賛成多数で成立した。
 この戦争法だが、「第二次世界大戦以降はじめて日本軍が海外で戦うのを認める法律」(Washington Post,2015年7月16日付)などと外国の新聞でも報じられているように、海外での武力行使、戦争を否定している日本国憲法のあり方を変質させる法律である。そのため、元最高裁判所長官や判事、元内閣法制局長官、全国の弁護士会、圧倒的多数の憲法研究者が抗議するように、明らかな憲法違反の法律である。1946年、ナチスに抵抗した世界中の法律家たちにより設立された、「国際民主法律家協会(IADL)」も2015年8月15日、「この法案が通過すれば、戦後70年を経て初めて、日本が9条に違反して戦争をすることになろう」、「本法制がアジア地域における緊張関係を悪化させることは明白である」との声明を出し、戦争法は憲法違反であり、国際社会の平和構築の障害となることを批判している。多くの市民も「戦争法」の危険性を看過できず、戦争法反対の声を上げてきた。
 にもかかわらず、安倍自公政権は、専門家集団や多くの市民の声を無視し、戦争法を成立させた。憲法を無視し、主権者の声を無視して議会の数の力で戦争法を成立させた安倍自公政権の手法は平和主義、立憲主義、国民主権という日本国憲法の基本原理を根底から蹂躙するものであり、断じて容認できない。
 国会審議を見ても、なぜ「戦争法案」が必要かという立法事実に関し、安倍晋三首相や中谷元防衛大臣の答弁は二転、三転し、戦争法制定の必要性に大いに疑問を持たせるものであった。戦争法案の内容に関する国会審議でも、安倍晋三首相や中谷元防衛大臣の答弁は朝令暮改のありさまであり、安倍晋三首相や中谷元防衛大臣自身が法案の内容を本当に理解しているのかどうかすら疑問を持たざるを得ないものであった。さらには参議院規則136条1項、137条1項との関係でも、議長が議題の宣告をしたのちに賛成者が起立するという表決方法が参議院特別委員会の表決で採用された形跡が確認できないなど、手続的にも参議院特別委員会の議決の正当性を疑わせるものである。
 以上のように、手続的にも内容的にも国の最高法規である憲法に適うものとは到底評価できない戦争法の成立に、私たち「戦争をさせない1000人委員会あいち」は断固抗議する。海外での武力行使を認める法律を制定することは、日本の平和のためどころか、かえって日本を危険にさらす。子どもや孫の世代に平和な日本を引き継ぐため、「戦争をさせない1000人委員会あいち」は、戦争法を成立させた自民党、公明党などの議員を選挙の場で強く断罪する活動に根気強く取り組むとともに、戦争法廃止に向けて今後も活動することを宣言する。

2015年9月19日

戦争をさせない1000人委員会あいち
名古屋市熱田区金山町1-14-18 ワークライフプラザれあろ5F あいち平和フォーラム気付
TEL:052-678-3111 FAX:052-678-3123
HP:http://www.anti-war-aichi.info/
(事務局長 飯島滋明:名古屋学院大学准教授、憲法学・平和学)

2015.09.18 戦争法案廃案!安倍内閣退陣! 総がかり行動のデモに2500人が参加しました

 「安倍内閣の暴走を止めよう連続行動実行委員会」は9月18日、名古屋市栄で「戦争法案廃案!安倍内閣退陣! 総がかり連続行動」の一環として、街頭行動とデモ行進を行いました。
前日に参院特別委で戦争法案の強行採決がなされ、今日も緊迫した国会情勢の最中とあって、平日にもかかわらず約2500人の市民が集まりました。

 午後6時から栄噴水前で街頭行動が行われ、戦争法案への反対や参議院での強行採決などに抗議する熱のこもったスピーチが続きました。
午後6時半頃からデモの出発地である栄広場へと移動しましたが、デモの出発時間が近づくにつれて参加者はみるみる増えていきました。

15091801

 午後7時に栄広場を出発した参加者はプラカードを掲げてシュプレヒコールを上げながら、沿道の通行者やドライバー、バスの乗客らにアピール。
足を止めてデモを見つめる人や手を振って応えてくれる通行人の姿も多くみられました。

 デモは栄広場を出発して大津通、矢場町、久屋大通を通ってラシック前まで行進。
 若い人や仕事帰りの人も多く参加し、戦争法案とその強行採決、安倍政権の横暴に対して力強く抗議しました。

※以下のサイトに、今後の愛知、岐阜、三重の各地での行動の紹介が載っています。ご参考に。

「安倍内閣の暴走を止めよう!共同行動ブログ」
http://stopabenk.exblog.jp/

15091802

15091803

15091804

2015.09.14~ 戦争法案廃案!安倍内閣退陣! 総がかり連続行動を行っています

 「安倍内閣の暴走を止めよう連続行動実行委員会」は9月14日(月)から「戦争法案廃案!安倍内閣退陣! 総がかり連続行動」に取り組んでいます。
 「戦争をさせない1000人委員会あいち」は9月15日(火)と16日(水)に名古屋市栄・スカイル前で街頭行動を行い、連日100人を超える市民が戦争法案に対する抗議の声を上げました。

 実行委員会による連続行動は今日と明日も行われます。
 18日(金)は午後6時から栄噴水前で街宣行動を行い、午後7時に栄広場(三越北側)を出発するデモが予定されています。
 ぜひ、ご参加ください。

(9/18追記)
※以下のサイトに、今後の愛知、岐阜、三重の各地での行動の紹介が載っています。ご参考に。

「安倍内閣の暴走を止めよう!共同行動ブログ」
http://stopabenk.exblog.jp/

15091601

15091602

2015.09.05 集団的自衛権行使のための違憲立法に反対する愛知大集会&パレードが開催されました

 愛知県弁護士会が主催する「集団的自衛権行使のための違憲立法に反対する愛知大集会&パレード」が9月5日、名古屋市中区の白川公園で開かれ、市民ら約6000人(主催者発表)が参加しました。

15090501

 集会では、実行委員長の村橋泰志弁護士が「安倍政権が強引に押し進めるこの法案は、米軍の戦争に協力する法案で、違憲なのは明らか」と指摘。その上で「各地で反対の声を大きくして、戦争法案を廃案に追い込もう」と訴えました。

15090503

 集会後、参加者は「安保法案に異議あり」「安倍政権は退陣」などとシュプレヒコールを上げながら、栄周辺をデモ行進しました。

15090502

15090504

15090505