集会

2015.09.05 集団的自衛権行使のための違憲立法に反対する愛知大集会&パレードが開催されます

 「戦争をさせない1000人委員会あいち」は9月5日(土)に愛知県弁護士会が主催する「集団的自衛権行使のための違憲立法に反対する愛知大集会&パレード」に全力で取り組むことを決定しました。
 同集会の日時・場所は以下のとおりです(詳しくはチラシのPDFファイルをご参照ください)。
 多くの皆さんのご参加をお願いいたします。

1 日  時   2015年9月5日(土) 午後5時30分~ 大集会、午後6時30分~ パレード
2 場  所   白川公園(名古屋市営地下鉄・東山線「伏見」駅 4番・5番出口から徒歩3分)
3 主  催   愛知県弁護士会
4 内  容   大集会(17:30~)及びパレード(18:30~)
5 問い合せ先  愛知県弁護士会 人権・法制係
TEL 052-203-4410

150905_chirashi

集会チラシ

※画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。

2015.07.18 安倍政権に抗議する全国一斉行動を実施しました

 7月18日午後、名古屋市栄の久屋大通公園もちの木広場で安倍政権に抗議する抗議行動を行いました。今回は全国一斉行動の一環として行われたもので、名古屋での抗議行動は立憲フォーラム、戦争をさせない1000人委員会あいち、東海民衆センター、不戦ネットワークが呼びかけ、予想を大きく上回る約500人が参加しました。
 午後0時45分から行われた集会では、慶應義塾大学の小林節名誉教授と立憲フォーラム代表の近藤昭一衆議院議員があいさつ(要旨は下記参照)。午後1時に合わせて「アベ政治を許さない」と書かれたポスターを参加者が一斉に高く掲げ、安倍政権に対する抗議の意思を示しました。

15071801

 集会後は、約1時間にわたって栄と矢場町をデモ行進しました。参加者は横断幕やプラカード、ポスターなどを掲げ、「戦争法案、絶対反対!」「みんなの力で暴走止めよう!」などとシュプレヒコールをあげながら行進。こちらに向かって手を振ってくれたり、拍手をしてくれたりする通行人の方もいて、確かな手応えを感じました。

15071802
15071803
15071804
15071805

●小林節氏あいさつ(要旨)
衆議院の議論で気付いたと思うが、安倍さんたちは「バカの壁」で何も答えられない。つまり、彼らは我々のまっとうな質問に答えられない、答える内容がないということだ。参議院の議論を通じて、いままで知らなかった人にも「これは大変な悪事だ」と気付いてほしい。憲法9条の下、戦争しようにもできなかった国が今度はいつでも戦争に行けるようになろうとしている。自公連立政権はたった3割の得票で7割の議席を取ったが、今度は野党が力を結集して4割の得票で8割の議席をとり返せば、堂々と安保関連法を廃止できる。だから絶対にめげずに、野党が力を合わせて次の総選挙で政権を倒すしかない。

●近藤昭一氏あいさつ(要旨)
今回の強行採決はとんでもないことだ。衆議院特別委員会での野党の質問に対して、安倍首相は「国民のみなさんの理解は進んでいない」と認めた。委員会の中でのイラク戦争を総括するための資料要求に中谷防衛相も資料を出すと答えたが、実際に資料が出てきたのは強行採決のあとだった。安倍首相は「日本国憲法は押し付けだから変えなくてはいけない」と言っているが、その背景には権力者を縛る憲法には縛られたくないという思いがある。9条や96条を変えることが難しいのであれば、解釈で変えてしまおうとしているが、これは国民がつくった憲法をなくしてしまおうということであり、国民を愚弄している。衆議院の審議で多くの問題が明らかになったが、安倍首相の答弁を紙にまとめるとA4ペーパー1枚にもならないと思うほど中身が希薄だ。しかし、この法案は人の命がかかっている。何としてもこの法案を廃案にし、私たちが主役の憲法を守るためにがんばっていこう。

2015.07.18 安倍政権に抗議する全国一斉行動を実施します

 7月18日、「安全保障関連法案」に反対し、安倍政権に抗議する全国一斉行動を名古屋においても下記のとおり実施します。

1 日  時   2015年7月18日(土)
2 場  所   名古屋市中区栄 セントラルパーク「もちの木広場」
3 目  的   安倍政権が進める集団的自衛権の行使及び関連する「戦争法案」に反対する
4 内  容   集会(12:45~)及びデモ行進(13:00~)
5 あいさつ   近藤昭一氏(立憲フォーラム代表)、小林節氏(慶應義塾大学教授) 他
6 呼びかけ団体 立憲フォーラム、戦争をさせない1000人委員会あいち、東海民衆センター、不戦ネットワーク
7 連絡先    戦争をさせない1000人委員会あいち あいち平和フォーラム内 事務局 浅井 昇
TEL 052-678-3111
FAX 052-678-3123

集会チラシ

抗議行動チラシ

※画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。

2015.07.01 安倍内閣の暴走を止めよう!7.1集会が開催されました

 安倍内閣による集団的自衛権行使容認の閣議決定から1年を迎えた7月1日、名古屋栄の久屋大通公園で安保関連法案に反対する「安倍内閣の暴走を止めよう!7.1集会」(主催・安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会)が開かれ、弁護士や市民、労組関係者ら約1000人が参加しました。
 集会では、呼びかけ人の一人である「戦争をさせない1000人委員会あいち」事務局長で憲法学者の飯島滋明名古屋学院大准教授が「安保関連法案は多くの憲法学者が危機感をもつ危険な法律。みんなで廃案に追い込もう」などと訴えました。
 集会後は、「安倍にNO!」「戦争反対!」などと市民に訴えながら、栄中心部をデモ行進しました。

150701_shukai_01

150701_shukai_02

2015.05.24 戦争をさせない東海ブロック1000人集会&デモを開催しました

 「戦争をさせない1000人委員会」東海ブロックは5月24日、名古屋市中区栄の若宮大通公園で安倍政権による集団的自衛権行使容認と安全保障関連法案(戦争法案)に反対する集会を開催しました。 
 集会には静岡、岐阜、三重、そして愛知から1000人を超える参加者がありました。
集会は「戦争をさせない1000人委員会あいち」の大脇雅子さんの主催者あいさつにはじまり、「立憲フォーラム」代表の近藤昭一衆議院議員の連帯のあいさつを受けたあと、東海ブロック各県の代表者による活動報告と決意表明が行われました。
 「戦争をさせない三重県1000人委員会」の中川奈央子さんの提案による集会アピールを採択し、「戦争をさせない1000人委員会岐阜県実行委員会」共同代表で弁護士の河合良房さんによる閉会のあいさつで集会を終えました。
 集会後、栄の中心街に向けて約1キロにわたるデモ行進を行いました。参加者全員がプラカードを持ち、戦争法案や辺野古の新基地建設およびそれらを強行する安倍政権に「NO」を訴えました。
 また、集会に先立ち、「戦争をさせない1000人委員会あいち」は5月20日に戦争法案の閣議決定に対する抗議声明を出しました。

150524_shukai_01

150524_shukai_02

150524_shukai_03

150524_demo_01

150524_demo_02

150524_demo_03

2015.05.13 戦争をさせない1000人委員会あいち結成1周年記念集会を開催しました

 「戦争をさせない1000人委員会あいち」は5月13日、名古屋市熱田区金山町のワークライフプラザれあろにて結成1周年記念集会を開催しました。
 集会は飯島滋明事務局長の主催者あいさつで始まり、結成1周年の記念講演として長峯信彦愛知大学教授から「日本国憲法第9条を世界共通の価値観に―安倍政権の戦争法制と歴史的『今』における私たちの責任―」と題した講演をしていただきました。
 講演後、事務局から昨年5月2日からの1年間の活動報告や財政報告、さらには今後の取り組みについての提起が行われました。
 参加者は33人でしたが、集会後、役員と参加者との交流を深める懇親会も行われ、有意義な結成1周年記念集会となりました。

150513_shukai_01

150513_shukai_02

2014.10.13 戦争をさせない東海ブロック1000人集会&デモを開催します

戦争をさせない東海ブロック1000人集会&デモ

【告知】開催当日、台風19号の接近が見込まれるため、開催中止を決定しました。

日時 : 2014年10月13日(月・祝) 14:00~
場所 : 若宮大通公園(名古屋市中区大須4丁目4、地下鉄名城線「矢場町」駅下車、4番出口から徒歩5分)
内容 : 集団的自衛権反対・辺野古への基地移設に関する集会・デモ
主催 : 戦争をさせない1000人委員会・東海ブロック

集会チラシ

集会チラシ

※画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。

問合先 : 「戦争をさせない1000人委員会あいち」事務局
名古屋市熱田区金山町1-14-18ワークライフプラザれあろ5F
あいち平和フォーラム気付
TEL / 052-678-3111(担当:浅井)

2014.10.13 集団的自衛権反対・辺野古への基地移設に関する集会・デモを開催します

日時 : 2014年10月13日(祝) 14:00~(予定)
場所 : 若宮広場(名古屋市中区大須4丁目4)
内容 : 集団的自衛権反対・辺野古への基地移設に関する集会・デモ
主催 : 平和フォーラム東海ブロック・戦争をさせない1000人委員会(共催)

※詳細につきましては、後日改めてお知らせします。

2014.09.24 集団的自衛権と日米新ガイドラインに関する学習会を開催します

日時 : 2014年9月24日(水) 18:30~
場所 : ウインクあいち・会議室1001(名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
内容 : 集団的自衛権と日米新ガイドラインに関する学習会(予定)
講師 : 半田滋氏(東京新聞論説委員)

※詳細につきましては、後日改めてお知らせします。

2014.07.20 沖縄と連帯し平和をめざす7・20集会・デモを開催しました

7月20日、名古屋市教育館(講堂)おいて、市民団体や労働組合のみなさんら260人余りが参加し、「集団的自衛権の行使反対・辺野古の新基地建設反対・沖縄と連帯し平和をめざす7.20集会」が開催されました。

集会は、飯島滋明「戦争をさせない1000人委員会あいち」事務局長の主催者あいさつに続き、「沖縄から集団的自衛権の行使容認を問う」と題して伊波洋一氏(元宜野湾市長)の講演をうけました。

集会には約260人が参加

集会には約260人が参加

伊波さんは、アメリカの東アジアにおける最重要課題は中国の武力による台湾解放に備えることであり、今日、辺野古の新基地建設は普天間の代替施設というものではなく、対中戦争に備えた軍港機能を併せ持つ戦略基地となっていること、さらに、現在アメリカが考えている戦争計画は南西諸島や日本本土を戦場とした限定戦争であり、そうした事態に対処する演習がすでに何度も行われており、安倍政権による集団的自衛権の行使もこうしたアメリカの戦争計画の下での要求に応えるものであることをわかりやすく、リアルに話してくださいました。

また、一方でアメリカは尖閣を日本の領土と一度も認めたことはないことに触れ、「本土」では日米安保を盲目的に受け入れ、思考停止状態になっているのではないかという指摘もありました。

講演する伊波洋一氏(元宜野湾市長)

講演する伊波洋一氏(元宜野湾市長)

講演後、1000人委員会あいちのこれまでの活動と今後の行動提起があり、閣議決定に抗議する意味で毎月1日に栄で街頭宣伝を行うこと、9月の学習会(9月24日半田滋氏予定)や10月の集会・デモ(10月13日予定)の取り組みが報告されました。最後に集会アピール(別添)を採択したあと、集会参加者は栄中心街のデモ行進に移り、大津通と久屋大通を行進しました。

集会アピール(PDFファイル)

集会終了後、栄をデモ行進

集会終了後、栄をデモ行進


街宣車を先頭に集団的自衛権行使反対を訴え

街宣車を先頭に集団的自衛権行使反対を訴え


伊波洋一・元宜野湾市長とともにデモ行進

伊波洋一・元宜野湾市長とともにデモ行進